競争激化の今だからこそキッズコーナー設置で集客対策を

競争激化の今だからこそキッズコーナー設置で集客対策を

このブログは、【キッズスペース・キッズルームの子ども遊具専門店】tascaru(タスカル)の公式ブログです。
tascaruに関する最新情報はもちろん、キッズコーナー設置の効果、お子さまのための空間づくりのアイディアなどの情報を発信していきます!

このページでは、既製品のキッズコーナーを買う場合の注意点について説明します。

競争激化の今だからこそキッズコーナー設置で集客対策を

ここ数年で、ショッピングモールなどの大型小売販売店やカーディーラー、病院等の医療施設など、日本全国あちらこちらでキッズコーナーを見かけるようになりました。
2〜3年ほど前に、大手自動車メーカーの不正や大手製鉄会社の不正により日本全体の景気が押し下げられた要因で、一時期は新規のキッズコーナーを設置される事業所様が減少傾向にはなりましたが、また再びその需要が増加傾向にあります。
経費や人件費の問題で、キッズコーナーを設置するのが難しい場合もあるかもしれません。しかし、不況で業界間の顧客獲得競争が激しい今こそ、実店舗を構えて接客販売される事業所様にはキッズコーナーを用いた集客対策が必要不可欠です。

キッズコーナー設置で親御さんもお店も嬉しい結果に

子育て中(特に幼児)は外出自体の回数が減りがちです。残念ながら日本では受け入れ側の体制の整備が不十分な場合が多く、まだ目を離すことができない小さなお子さんがいるご家庭では、気軽にいつでもどこでも行きたい場所に行くというわけにはいきません。

・ゆっくり商品を見て買い物をしたり、ごはんを食べたりすることが出来ない。
・子どもが暴れまわって周りに迷惑をかけそう。
・子どもがじっとしていないので目を離すことができず疲れてしまう。

そうした理由から、外出したくても二の足を踏んでしまう親御さんはたくさんいらっしゃいます。
「まずは集客する」という部分にフォーカスをあて、キッズコーナーを設置し、キッズスペースを設けることで、子育て中の親御さんが安心して来店できる環境を整えれば家族連れのお客様を新規の顧客として呼び込むことが可能になり、結果的に売り上げを上げることにつながります。

省スペースで設置をためらっている事業所でも大丈夫

キッズスペースを設けて子どもを安心して遊ばせることができれば、上記で挙げたような小さい子どもを持つ親御さんの外出・買い物に対する不安の多くが解消されます。
現在導入されている施設や事業所の多くは、飲食・販売業のチェーン店や、大型商業施設、クリニックなど業種を問わず、やや規模が大きくスペースに余裕のある所になりますが、
tascaru(タスカル)では畳半畳のスペースからでも設置可能なサイズから商品をご用意しております。
これにより、どのような規模の施設・事業所でも集客対策としてキッズコーナーを設置することが可能です。